desnso group

浜名湖電装株式会社  ムービーギャラリー

お問い合わせ
仲間の温かい言葉に支えられ成長できる。
積極的に経験を積んで海外拠点にも貢献したい。
生産技術部 | 生産技術 1 室 | 生産技術 2 課
鷺原 正直(Masanao Sagihara)
私の仕事
目指すのはスムーズな生産体制、
関係各部署との協力体制が大事な仕事。
私が所属する『生産技術部』では、新しい設備を新設したり、既存の設備の改造をしたり、新しく出来上がる新製品が問題なく次の工程へ進むように、その生産準備をするという事が主な仕事となっております。
機械だけでなく人に携わる部分も多く、設備を作る上で他のメーカーさん、工機の部署と打合せを行います。
その作業性を確保する為には、生産課の担当者と協力して行う事が非常に多いため、他の部署に比べて部署を超えた連携、コミュニケーションが一番重要になる仕事になります。
SCHEDULE
08:30 出社|メールチェック
08:45 打合せ|製造部とのトラブル状況の確認
09:00 検討|新規設備の仕様検討
12:00 テスト|テスト流動
13:00 昼食
14:00 データ整理|テスト内容の結果整理
15:00 打合せ|関係部署との進捗連絡
16:00 検討|新規設備の仕様検討
20:00 退社
仕事のやりがい
「鷺原の頼みだったらいいよ」
仕事ぶりを見ていてくれる仲間がいる。
sagihara
一番やりがいを感じるのは、やはり現場との連携がうまくいった時です。設備の改造工事をしたり、現場と協力して色々と考え意見を出し合ったり、モノを直したり、という事時にこちらから現場の担当者に「こういう事を手伝ってください」協力依頼をするのですが、これまでの私の仕事を見ていてくれて「鷺原の頼みだったらいいよ」と言ってくれて快く引き受けてもらえる。それでスムーズに仕事が進んだ時には「頼んでよかった」と、この仕事へのやりがいを感じられます。
これからの仕事で実現させたいこと
積極的に経験を蓄積し、海外拠点のラインも自信を持って進めていく。
sagihara
現在、入社して3年目になり、新製品の立ち上げをメインで担当しています。今はまだ開発段階で、これから試作を行って最終的に量産工程の完全な合理化のラインを作る為の仕様の検討をしています。また、海外拠点の大きなラインの新設等も進行しており、半年位前に海外拠点に初めて行った時、何もかもわからない状態で苦労しました。今後は経験を増やし、新しいラインの立ち上げ・海外拠点の仕事もスムーズに進められるようさらに自己のレベルアップをしていきたいと思っています。
私が入社を決めた理由
私は大学時代、金属工学を勉強していました。自動車には全く興味もない学生でした。そんな自分が「新しい事に挑戦したい」と思いたち企業を色々と探している時に、これから大きくなっていく自動車産業の中でも浜名湖電装が高い技術を持つという事を知って、新しい分野に挑戦することにしました。