desnso group

浜名湖電装株式会社  ムービーギャラリー

お問い合わせ
多くのプロジェクト関係者と連携を取りながら、
スケジュールだけでなく設備の質も意識をして進める。
生産技術2部 | 生産技術1室 | 生産技術2課
森 崇秀(Takahide Mori)2013年入社
私の仕事について
デンソーと連携した生産移管のプロジェクトを推進。
私の所属している生産技術部では、製品を生産するための工程の生産準備、また、既存工程の維持向上を推進しております。

その中で、現在私が主に進めている業務としましては、親会社のデンソーからの生産移管業務になります。

現在、入社6年目になりますが、この大きなプロジェクトのリーダーとしまして、推進を任されております。

このプロジェクトでは、ハマデン・デンソー両社の関係部署を取り巻きながら、推進していく事も重要なスキルになってきます。
SCHEDULE
08:30 出社|メールチェック・1日の業務の流れを確認
09:00 デスクワーク|会議資料作成
12:00 昼食
13:00 会議|移管案件進捗状況打合せ
14:00 デスクワーク理|設備製作仕様検討
16:00 会議|設備製作仕様検討
17:00 現場作業|テスト・データ収集
18:00 デスクワーク|テスト結果まとめ
19:00 退社
苦労をしたエピソード
スケジュールを意識しながら、
社内外の関係者と議論しプロジェクトを進める。
mori
移管のプロジェクトを推進する中で、デンソー・ハマデン両社の関係部署、全てを取りまとめて推進する必要があります。

関係するスタッフの人数が多い分、全体の進捗の遅れが発生することもあります。

その際は上司の力を借りながら、遅れを取り戻しつつ、対応をすることで、現在は、関わった方々とも良好な関係を築けており、仕事をする上での財産となっております。
この仕事にやりがいを感じるところ
自分が携わった生産設備の工程が、
形として残り、評価されていくとき。
mori
実際に過去に携わった仕事が、生産設備として形として残ることに特にやりがいを感じます。

形として残るということは、当然悪いものも形として残すことにつながってしまいます。

常に良い工程を生み出し続けられるという事を念頭に置きながら、自己の仕事の質を高められるように日々仕事に取り組んでおります。